「占いは当たるのか?」東京の占い師による占い研究。

占いについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夫に幸運をもたらす吉星


夫に幸運をもたらす吉星
女性が持つ吉星で、夫に非常な幸運をもたらす星というのがある。

美貌に恵まれることもあるのだが、

外見は関係なく、相手の男性に幸運をもたらすのである。

一万人に一人という、極めてまれな星であるが

この星を持つ女性をみつけたら

どんなことをしてでも妻になってもらうべきだろう。

恋人でも愛人でもいいので

なんとか縁をつなぐべきだ。

平凡な男でも相当大きな成功をおさめることになるだろう。

  1. 2014/03/17(月) 18:25:41|
  2. 占い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二重人格の因縁


二重人格の因縁
酒を飲むとガラリと人間が変わってしまい、

まったく別の人格になってしまう。

いわゆる酒乱だ。

顕在意識がアルコールで麻痺してしまうと

遺伝している潜在意識や深層意識が

外に現れ別の性格が入れ替わって出てくるのである。

異常な性格もこの因縁にあてはまる。

この因縁も家運衰退の因縁にも深い関係があり

2、3代前のご先祖様で恵まれない不幸な死に方をしたか

あるいは他人でその家に非常な恨みを抱いて死んだ者がいることが特徴である。

家族に酒乱や突然性格が変わる者がいるのであれば

この因縁を疑ったほうがいいかもしれない。

墓参りや先祖供養、人助けをするようにすれば

この因縁が軽減される。

ちなみにこの因縁をもつ人の運勢を見てみると

家系の墓を守る運というのが出ている可能性があるので

四柱推命など東洋系の占いで確かめて欲しい。

  1. 2014/03/16(日) 20:08:49|
  2. 占い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

財運、水の因縁


財運、水の因縁
財運がよく、お金は人よりも多く入ってくるものの

全部水のように流れてしまって

身につかない運勢(因縁)である。

逆に貯めようと思うと

自分が病気になったり

家族が病気になったり

詐欺や盗難にあったり

お金を出さなければならない状態になる。

これは、水の財運で

水というものは流れているかぎり

腐敗せずきれいである。

たまり水は濁り、腐敗する。

この因縁をもつ人は、常にお金が身につかず流れていってしまい

身に着けると不祥事が起きることになる。

溜めこまずに、人のためにどんどん使えば

因縁が解消されていく。
  1. 2014/03/16(日) 00:54:40|
  2. 占い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

色情因縁


色情因縁
男女が異性(同性の場合もある)によって苦しんだり傷ついたりする因縁である。

これは、家運衰退の因縁のもととなる因縁である。

また、夫や妻がその配偶者の浮気やトラブルで苦しめられる場合も、

色情の因縁があるという。


占いの見方では、不倫や浮気、二股。

働かない男を養うという

ダメな男ばかりを救う

恋愛運の悪い運勢となる。
  1. 2014/03/15(土) 14:22:03|
  2. 占い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わが子の運気を剋する因縁


わが子の運気を剋する因縁
この因縁は、親がわが子の生命力を害する因縁である。

このため子供は年中病弱になるか

あるいは、ハンディキャップをもって生まれてきたりする。
(たいてい10歳くらいまでの寿命になりやすい)

もし、その子の生命力が強ければ

素行が乱れるようになって家出をしたり

親のそばにいると生命力を削られる危険を感じとり親元を飛び出すようになる。

因縁なんて迷信なんか信じないといわずに

自分自身にそういうものがないか考えて欲しいものである。

得てして成功者の家庭に素行不良の子が多いのも

他の要因も考えられるが

運気の強い親は、運気の強さが子供を剋する因縁を伴いやすいため

そういう結果生じやすいのである。

反発の強すぎる子供をもつ親は

根本的な対策としてこの因縁があるか調べてみるといいだろうと思う。

東洋系の占い、四柱推命や算命学、宿曜占星術などで

自分の運勢とともに占ってみることをおすすめする。

  1. 2014/03/14(金) 15:31:19|
  2. 占い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

運の良し悪し


運が悪いとき、まず自分がどんなに頑張っても

自分の持つ実力が半分しか発揮されない

たとえばあなたが新しいビジネスを始めたいとする。

しかし、あなたの運が悪いときに借金を申し込んだとしても

お金を借りる相手がいくらお金持ちであっても

協力的であったとしても。

お金を借りる相手が

お金を出しにくい状態のときに借りにいくことになる。

これは、親戚や友達など他をあたっても同じだ。

逆にあなたの運勢が上り調子のときには

相手もお金を出す余裕があるときなので

借りやすくなる。

運の悪いときにはあせる傾向があるので

この時の無謀な動きが

運勢上昇期のときの徳まで殺してしまう。

自分の運気の悪いときというのは

これほどまでにうまくいきにくいのです。

運の悪いときは悪いと悟ってじっとしているのが賢明ですね。

  1. 2014/03/13(木) 00:02:50|
  2. 運勢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家運衰退の因縁

家運衰退の因縁
この因縁は、家の運気が次第に衰えていく家系に生まれる因縁である。

こういう家は、父や祖父がかなりいい生活をした家に生まれている。

祖父か父あたりで家運が傾き、

自分の代でなお一層はっきりと運が悪くなる。

相当の才能と力量があるにもかかわらず

その才能を発揮する場所がない。

たまたまチャンスがくると他人からの妨害にあったり

または、自分が病気になったり

せっかくのチャンスを見逃してしまう結果になるのだ。

要するに運が悪いのである。

実力がありながら、妙にタイミングが悪くウダツが上がらないのだ。

この因縁を持つ人は、人に親切にする、人の役に立つことなどをして

因縁解脱しなくてはならない。

  1. 2014/03/12(水) 17:20:14|
  2. 占い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夫の運気を剋害する因縁



夫の運気を剋害する因縁
この因縁を持つ者は、夫の運気を目に見えぬ力で害する、女性が持つ因縁である。

といっても必ずしも夫を尻に敷くわけでもない。

因縁というのは、性格にあらわれる場合とまったく現れない場合がある。

この因縁を持つ女性はむしろ夫に甲斐甲斐しく尽くす良妻賢母が多いので始末が悪い。

こういう女性を妻に持つと夫は常に体調が悪く病弱になるか、

仕事がうまくいかず年中頭を悩ますことになる。

どんなに才能があろうとも何か不運がつきまとわれる

妻が尽くせば尽くすほど夫の運気が悪くなるので

非常に厄介だ。

幸せな家庭をつくりたいと思ったら真っ先に切らねばならない縁である。

自分の出世のためにも健康のためにも

結婚する前に占いに行って調べてもらうのがよろしいかと思う。

東洋系の占い、四柱推命、宿曜、算命学などがおすすめだ。

  1. 2014/03/12(水) 00:26:23|
  2. 占い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中途挫折の因縁

中途挫折の因縁
この因縁をもつ人は、なにかをはじめても一応は順調にすすみ成功に近いところまではいくのだが

あともう一歩というところでだめになってしまう。

成功には至らない因縁だ。

まわりからは華やかに見えているのだが、

中身はそうでもない。

最後のいいところはごっそりともっていかれてしまう因縁だ。


この因縁をもつ人は、わりと運が強い人が多く

挫折はするものの、また立ち上がり仕事をし、

また途中で挫折するというのを繰り返す。

起伏の激しい人生を送り

結局最後は挫折で終わるという因縁だ。


因縁というのはその人の手腕とは関係なく

外からの影響によって潰されるものであり

潰れる運命にある会社に行かされることになるなどの

運のめぐりがくるのである。

昔からよく、人間には三度のチャンスがある、といわれるが

運のない人でも三度チャンスがあるかわり、運のあるものでも三度以上あるものではない。

人生のここ一番というチャンスを2,3度この因縁で潰されてしまったら

もうこの人生では一生芽が出ないものと思うしかない。


また、この因縁の怖いところはこの因縁は子供に遺伝する。

そして、決まって親よりもその因縁を引き継ぐことになる。
  1. 2014/03/11(火) 16:43:20|
  2. 占い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人はどんな因縁をもつのか

人生は、因と縁の結びつきが形作る。

いくら因(原因)があっても縁がなくては果(結果)は生じない。

したがって、因と縁の結びつきをもっとも重くみるのである。


たとえば、植物の種があるとする

種は、芽を出し花を咲かせるはずだが

たとえ良質な種であっても土、水や太陽の光という(縁)

がなければ芽はでることはない。

この因と縁の結びつきこそ、すべてのものを動かす原動力である。

では、人間を動かす代表的な因縁の星を上げてみよう。

まず一つ目

運気不定浮沈の因縁
これは運気に根が生じない因縁である。そのため住居や職業が安定せず

ふらふらと根無し草のように転々とすることになる。

一時的に幸運を得ることがあっても長続きすることはなく

浮浪者のような生活をおくることになる。

女性の場合は、ちゃんとした結婚生活を送ることはできなく、

再婚、あるいは愛人となる。

ひどい場合は、娼婦となる悲惨な因縁をもつ運勢である。

その他、次回に紹介したいと思う。

  1. 2014/03/10(月) 18:45:38|
  2. 占い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。