「占いは当たるのか?」東京の占い師による占い研究。

占いについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

運命の橋

これは西洋の方の高名な作家が書いた長編小説。

乗用自動者が、深い谷にかけられた橋渡っている途中でおちてしまう

そして、10数人の乗客が死傷してしまう。

これは偶然だろうか?

作者はNO!と答える。

これは偶然ではない、運命であり必然なのだと。

そして、一人一人の乗客の今まで過ごしてきた人生を聞いてみると

この乗用車に乗り合わせた人々が偶然ではないという接点があったのだ。

この年も育った環境も違ったテンデンバラバラな人たち

そしてこれまでアカの他人でなんの共通点のない人たちを

結びつける接点があってこのタイトルを「運命の橋」と名付けたのだろう。


たとえば、飛行機が墜落したとする。

この時に乗り合わせた乗客は、それぞれの年の寿命と

畳の上で死ねない「黄変死の因縁」を持っている場合が多い。


そういう星の元に生まれた人たちが必然的に集まり

こういう大きな事故に合わせたりする。

こんな不思議な引き合わせが宇宙の法則によって働くのである。



スポンサーサイト
  1. 2014/03/18(火) 19:18:55|
  2. 占い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<信念の魔術 | ホーム | 夫に幸運をもたらす吉星>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://astrotarot.blog.fc2.com/tb.php/17-72c26c04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。