「占いは当たるのか?」東京の占い師による占い研究。

占いについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

運命の種類

1、宿業 2、宿命 3、運命

まず、1の宿業、これは人間の力ではどうにも変えることのできない絶対不可能な規制である。どういう事かというと、人間は必ず死なねばならないという規制。そして、人間は生きていくために必ず飲食していかなければならないという規制。それから生きていくためには必ず何時間か眠らなければならないという規制。この三つの規制だけは人間どんな方法手段を講じても絶対に克服することはできない。

これが克服できたら、その人はその瞬間から人間ではない存在になったわけである。これは、人間全体、人類というものすべてに課せられた「業」である。定められた業であるから宿業という。

次に運命とよばれるところの規制。これは変えることが可能なものだ。運命の運という字は「はこぶ」と読む。ようするに、はこべる命だ。

運ぶということは移動するということ。つまり変えられる命である。そのかわり、これを変えるのは簡単ではない。運という字は「軍」に「しんにょう」がついて出来上がっている。軍(いくさ)というものは、命がけのものである。その命がけの「いくさ」にさらに「しんにょう」が付け足されている。その意味は、走るという字の変形である。倍加するという意味をもっている。だから並大抵の命がけじゃない。しかし、とにかくそういう一心の努力をすれば変えられるのが運命である。

そして、この運命と宿業のちょうど中間にあたるのが宿命である。つまり、克服することは不可能であるが、ある程度これを変えたり避けたりすることができる命である。同じ命でありながらどうして克服できないのか?それは、同種であるけれども質が違うというところだ。簡単に説明するならば、胃炎はすぐに治すことができるが、悪性のガンは治せない。という例えだ。

なぜ、単純な胃炎ではなく、治りにくいガンになったのかというのは、ただ一つや二つの条件だけではない。無数の条件が重なりと連鎖的におこる反応を見ていかなくてはならない。


それを解くことは、人の知恵と力の範疇をこえることであろう。

↓    ↓    ↓


大殺界の不幸を避ける7つの方法
スポンサーサイト
  1. 2014/03/24(月) 00:30:57|
  2. 宿命
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<運勢を使って成功する方法 | ホーム | 運命路線からの離脱>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://astrotarot.blog.fc2.com/tb.php/24-b2149ca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。