「占いは当たるのか?」東京の占い師による占い研究。

占いについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小我と大我について

神性、そして小我と大我についてくわしく説明しましょう。

まったく神性があらわれない人はいません。どんなに極悪非道と呼ばれる人にも神性が宿っています。

美しい風景を見たり、他者からの愛を感じたりすると人はこれらを愛するようになります。そしてその愛の範囲を拡大するようになります。自分しか愛さなかった自己愛。すなわち小我が愛を実感することによって神の自己愛である大我に変わっていくのです。

もし、あなたの友人に不幸があった時に一緒に泣いたりしたことはありませんか?物質的価値観で言えば人のために涙を流すのはソンなはず。時間のムダともいえるでしょう。でも、涙が流れる。見返りを求めず何かをしてあげたくなる。景色みて感動するのを含め、これこそが愛。神の実感です。これはほんの一例ですが、人はこういう地上生活の経験を重ねることによって小我から大我へと拡大していくのです。家族関係は大我を磨く絶好の場です。グループソウルを魂の家族と呼ぶのに対し、現世の家族は霊的視点でみると肉の家族であり、別々なのです。

では、なぜ別々の家族が集まって家族を形成しているのか?それはお互いに切磋琢磨して学び合うためです。つまり、グループソウルをはなれた魂を磨くためにあなたは今の環境を選んで生まれてきました。

ここで考えて欲しいのはなぜ魂はグループソウルから来ているのに、現世での家族を愛するのか。ということです。これを見ている人の中でもという方もいらっしゃるでしょう。でも親子の仲が悪いこの仲が悪いというのも依存心からくる甘えです。もし、他人という意識があったら遠慮があり、依存というものは生まれにくいのです。家族仲が悪いというのは、お互いが過度に期待し、依存することなのです。なぜなら愛の反対語は、無関心だからなのです。

そんな現世での人間関係の営みの中で、血のつながっている家族から血のつながっていない友人まで愛を感じるようになる。男女間の関係にも愛を感じるようになるのです。職場関係も同じことがいえます。仲の悪い職場であっても、職場の中で力を合わせなくっちゃ。それが会社にとってもよいことなんだ、そんなふうに考えることはあるとおもいます。つまり、この世にあるものは、小我から大我へと進化していくための練習台。そう神の愛のレパートリーなのです。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/17(土) 14:20:50|
  2. 占い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人間は霊的世界のあやつり人形なのか | ホーム | 仕事が忙しくなり、金運が上がるコツ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://astrotarot.blog.fc2.com/tb.php/28-c29c8d0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。